お問合せの際に、下記ポイントをまとめていただくとスムーズです。- 解体をお考えの地域/物件の大きさ(延床面積)/立地条件/残置物

ご相談件数
累計:29,102
(2004/9/1〜2017/6/30)
【 再生回数17万回突破! 】

おすすめトピックス

解体サポートスタッフブログ

解体サポートfacebook

勉強会・情報交換会開催の様子

解体サポートをご利用中の方へ

HOME > 解体現場 実況レポート > 木造

解体現場 実況レポート

木造の一覧へ戻る

灼熱の中でのプロ意識
『朝来たときよりも綺麗にして帰る』という意識

先日、東京都杉並区の解体工事現場の確認に行ってきました。
当日は解体重機を使っての解体作業と、平行して廃材の搬出の工程でした。
写真のように、瓦屋根や内装材などはあらかじめ撤去しておきます。(分別解体)

灼熱の中でのプロ意識

そして廃材(当日は木材)の積み込みは重機オペ(オペレーター)の方と ダンプに乗って積み込み作業をする職人さんの連携が大切です。 息が合った作業にしばし見とれてしまいました。

灼熱の中でのプロ意識

また猛烈な残暑の中、職人さん達はある意味「涼しい顔」で黙々と作業をされています。 日頃の経験、慣れもあるのでしょうが、『プロ意識』の賜物なんでしょう。
そして、現場周辺の毎日の掃除も徹底。この後、散水して掃除完了しました。

灼熱の中でのプロ意識

『朝来たときよりも綺麗にして帰る』という意識で現場周辺の掃除をしているそうです。
解体工事は音やホコリなどで、ご近所にお住まいの方や通行人の方にどんなに気を遣っても、少なからずご迷惑をかけてしまう工事ですので、細心の気配りが大切なんです。

解体現場 実況レポート トップへ

見積もり依頼

ページトップへ 解体サポートホームへ

解体業者ご紹介 ご相談フォーム

かんたん資料請求(無料)