お問合せの際に、下記ポイントをまとめていただくとスムーズです。- 解体をお考えの地域/物件の大きさ(延床面積)/立地条件/残置物

ご相談件数
累計:28,197
(2004/9/1〜2017/4/28)

【 再生回数17万回突破! 】

解体サポートスタッフブログ

解体サポートfacebook

勉強会・情報交換会開催の様子

解体サポートをご利用中の方へ

HOME > 解体工事の都市伝説10

解体工事の都市伝説10

1. 空き家を持っていると損をする?

今や820万戸にも及ぶ、日本全国にある空き家。その比率(空き家率)は13.5%にものぼり、その数だけ空き家オーナーの方はいらっしゃいますが、空き家を管理する手間は労力や交通費などを考えるとはかり知りしれません。

また、空き家対策特別措置法によって「特定空き家」と判明された場合は固定資産税が6倍になってしまいます。(これまで6分の1に軽減されていた固定資産税の優遇措置がはずされて元の税率に戻る。=今までの6倍の額の固定資産税を支払うことになる。)

空き家を持っていると損をする?

空き家を持っていると損をする?

空き家をそのままにしておくと、ご近所の迷惑になってしまうだけでなく、倒壊の危険性が増すことや、放火の恐れや犯罪を誘発してしまう事にもなりかねません。
※割れ窓理論

空き家が「負債」としてのしかかる前に解体して売却する事やリノベーションをして人に貸す事を検討するなど、空き家オーナーの方にはさまざまな対応がせまられています。

空き家を持っていると損をする?

解体工事の都市伝説10 トップへ

見積もり依頼

ページトップへ 解体サポートホームへ

解体業者ご紹介 ご相談フォーム

かんたん資料請求(無料)