お問合せの際に、下記ポイントをまとめていただくとスムーズです。- 解体をお考えの地域/物件の大きさ(延床面積)/立地条件/残置物

ご相談件数
累計:28,197
(2004/9/1〜2017/4/30)

【 再生回数17万回突破! 】

解体サポートスタッフブログ

解体サポートfacebook

勉強会・情報交換会開催の様子

解体サポートをご利用中の方へ

HOME > 解体用語辞典 > 建物滅失登記 > 建物滅失登記申請書の書き方

解体用語辞典:建物滅失登記

建物滅失登記申請書の書き方

※注意点 申請書は鉛筆以外のボールペン(黒)、インク、もしくはパソコンなどで作成してください。

建物滅失登記申請書のダウンロードはこちら ⇒  Word PDF
(引用元:法務局ホームページ「不動産登記の申請書様式について」)

記入内容説明

  • (1)業者さんに用意していただく、取毀証明書に加え、業者さんの登記簿謄本か資格証明書と印鑑証明書を添付してください。
  • (2)この申請書のコピー1〜2部を添付します。(自治体によって枚数が違うようです。詳しくは管轄の法務局出張所に確認してください。)
  • (3)申請書を提出する日付です。
  • (4)登記簿謄本(登記事項証明書)に記載されている名義人の住所と氏名になります。
    登記簿上の所有者の氏名・住所と、申請人の氏名と現在の住所が同じ場合に限ります。
    違う場合は、登記簿上の住所から現在の住所までの移動の経緯がわかるよう住民票の写しや戸籍の附票等を申請書に添付してください。(詳しくはご確認ください。)
    また、印鑑は実印が望ましいようです。その際は印鑑証明もご用意ください。認印でも問題ないようです。
  • (5)間違いがあった場合の連絡がとれる電話番号を記入します。
  • (6)もし不動産番号がわかる場合は、以下(建物の表示部分)の記入を省くことができます。空欄でも可です。
  • (7)登記簿謄本(登記事項証明書)に記載されているとおりに記入し、日付は取毀証明書に記載されている取毀しの日付を記入してください。

見積もり依頼

ページトップへ 解体サポートホームへ

解体業者ご紹介 ご相談フォーム

かんたん資料請求(無料)