解体関連ニュース

画期的!?

投稿日:

アスベスト問題が表面化してから、処理業者さんも増えてきました。
しかし、その費用はまだまだ高く、通常の解体工事の数倍にも
なってしまう場合があります。

先日、TVを見ていたら、非常に興味深い内容のものがありました。
それは、「液体ガラス」というものを発明した社長さんの話だったの
ですが、その「液体ガラス」、すごいのです。

見た目は水のように透明な液体なのですが、一定期間放置しておくと
ガラスになるのです。
木材やコンクリートに塗ると、それらがガラス化して強度が増すとのことです。
(番組内で実験していましたが、木材などは表面しか燃えませんでした!)

使い道としては、住宅や重要文化財などに塗って火災の被害を最小限に
したり、防波堤などに使って強度を高め劣化を防いだりします。

その中でも気になったのが、アスベストに吹きかけてガラス化する
というもので、実際に実験でも処理できていました。

まだ国に認められてはいないようですが、これが認可されれば手間も費用も、かなり抑ええられるのではないかと思います。

どんどんこのような開発が進み、処理工事が身近になることを期待します。

アスベストイメージ

-解体関連ニュース

執筆者:

関連記事

no image

倒壊寸前!

当サポートセンターのある中野にほど近い解体現場の確認に行った際、 先日の全国ニュースで放送された東中野の倒壊しかかっている 解体工事中のビルを見てきました。 元は専門学校だったところで、外階段を取り壊 …

行政代執行にて空き家の解体(台東区)

昨日、台東区橋場にて所有者不明の倒壊の恐れがある空き家が 空き家対策特別措置法に基づき略式代執行にて解体されました。 建物全体の解体では東京都内で初めてですが、ここ数年で建物が傾き始めるなど倒壊が進み …

no image

石綿新法

先日の新聞記事で、3月20日からスタートする『石綿新法』の準備が 間に合っていない、というものがありました。 どうやら法律として成立から2ヶ月という速さで受付を始めるには どうしても無理があるようです …

no image

地球に優しく、お財布に優しく

都内で建替えを検討していて、「太陽光発電」の導入を 検討されている方に朗報! 都は4月以降ソーラー発電システムを設置する住宅に 30万円程度の助成金を出すとのこと。 また国でも20万円程度を助成する見 …

no image

行政代執行は自治体にとっても最終手段。

平成27年に施行された「空き家対策特別措置法」。解体サポートのホームページでも空き家特措法について度々取り上げていますが、この約3年半の間に「行政代執行=所有者が解体に応じない空き家の強制撤去」を進め …

2019年1月
« 12月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031