解体のご相談内容 解体関連ニュース

行政代執行は自治体にとっても最終手段。

投稿日:2018年9月11日 更新日:

平成27年に施行された「空き家対策特別措置法」。解体サポートのホームページでも空き家特措法について度々取り上げていますが、この約3年半の間に「行政代執行=所有者が解体に応じない空き家の強制撤去」を進める動きが、各自治体に少しずつ広がってきています。

※行政代執行とは?
危険な特定空き家の所有者に対し、必要な措置(除却、修繕等)をとるよう指導を行ってもそれを履行しない場合や、期限内に完了の見込みがない場合などに「行政代執行法」に基づいて強制的に対象の空き家を解体されてしまうことです。
この強制撤去にかかった費用は空き家所有者の負担となり、もし支払いができないような場合には、住民税の滞納時などと同様に財産を差し押さえられることになります。
(事前に申請すれば、解体費用の最大2分の1程度を補助してくれる解体費用助成金制度を持つ自治体は多いですが、行政代執行によって「すでに行われた解体」に対して助成金を適用することは困難です。一時的な負担は免れても、結果的に割高な費用負担を強いられることになるのです。)
さらに、地域の条例によっては、代執行が実施された空き家所有者の住所や氏名といった情報を公表されてしまう可能性もあります。

このように、空き家所有者に対して容赦の無いように思える行政代執行。

ですが、(最終的には所有者に費用を請求するとはいえ、)一度は市の財政を圧迫するというのは紛れもない事実です。実際にこのような手段を選ばざるを得ないということは、所有者の財産が少ないために「出来ることなら自身で解体工事をしたくても、金銭的・物理的に実行不可能」な結果であるケースが多く、その後の解体費用の回収が決して容易ではないことは想像に難くありません。自治体にとっても、強制撤去が必要な空き家が増えれば増えるほど、費用回収にかける時間や人員の負担がとても大きなものになってくるのです。

最近の事例では、香川県高松市のとある「倒壊の恐れがある空き家」について、自治体が行政代執行での強制撤去を予定していました。
ところが今年7月19日、所有者側から高松市長宛てに「2ヶ月を目処に解体する」と書面が届き、それを受けた市は強制撤去の見合わせを決定。
すでに撤去費用として予算化していた1000万円については、この空き家のほか市内に6軒ある「特定空き家」の対策に充てることを検討しているとのことです。

先述の通り、所有者にとっても行政にとってもあまりポジティブな結果をもたらさない行政代執行。
そのため今回のように、所有者が自ら撤去することを申し出た場合、高松市に限らず多くの自治体はまず「強制撤去を一旦見送る」ことが予想できます。

撤去のお達しが届いた時、「そんなの急に払えないよ」と頭をもたげる前に、所有者も行政も負担を最小限にできる方法=解体費用助成金制度空き家解体ローンの事前活用を今一度、落ち着いて検討していただきたいと強く思います。

また、現在の空き家オーナーはもちろん、将来的に空き家を所有(相続)することになるかもしれない全ての人が、時間や資金に余裕のある段階で各自治体の助成金やローンについて少しでも知っておくことも、全国的な空き家の増加に歯止めをかけることに繋がるはずです。

「どのように行動するのが分からない…」とお悩みの方は、解体サポートへご相談いただければ、状況に応じた適切なアドバイスをさせていただきますので、是非お気軽にお問い合わせください。


【解体サポート】

□■□基準を満たした安心の解体業者を無料でご紹介□■□
2004年のサポート開始からご相談件数 累計40,000件以上

解体サポート 見積もり依頼
解体サポートへのお問合せ
解体サポートメディア紹介



-解体のご相談内容, 解体関連ニュース
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

中野サンプラザ解体

週末から流れていたニュースではありますが、 東京・中野区の中野サンプラザが、2020年から 2024年をめどに解体、再整備されるそうです。 これまで数多くのアイドル達がコンサートを行い、 登竜門の呼び …

no image

「ピンチはチャンス?」

先日、東京都のある地域の方からのご相談内容 業者さんからのご報告内容によると、 現場調査の際はご相談者様も「若干の猜疑心」があったようで、 あまりお話をしていただけなかったのようなのです。 しかし、親 …

企業・法人様向けの解体工事について

ここ数年、企業・法人様からの解体工事についてのお問合せが増えてきています。 多くの企業・法人様はお付き合いのある不動産屋さんなどがいらっしゃるケースが多いので、以前まではご自身で解体業者さんを探すこと …

no image

空き家の戸数が820万戸に!

5年に1度行われている総務省の「住宅・土地統計調査」。 先日、2013年10月1日現在の調査結果が公表されました。 それによると、人が住んでいない空き家の戸数は819万6400戸で、 前回の5年前を6 …

no image

建設業界の「タブー」

建物解体中のトラブル相談。 ご自宅を建て直すにあたり、その解体費用を抑えるためにどうすればいいかと ハウスメーカーの営業さんに相談したとの事。 (ここでは書けませんが、誰でも知っている『超大手』のハウ …

2020年8月
« 7月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31