解体のご相談内容 解体工事に関する内容 空き家問題 ご注意・お願い 未分類

お持ちの空き家は大丈夫?~備えあれば憂いなし~

投稿日:

日本の夏の期間は台風が多く発生し、時に甚大な被害を被る危険性もあります。

調べてみたところ、過去30年間の平均では1年間に約26個の台風が発生し、
約11個の台風が日本から300キロ以内に接近し、約3個が日本に上陸しているそうです。

台風による強烈な雨風によって、屋根瓦が落ちたり、外壁が剥がれ落ちたり、
時には車庫の屋根が飛ばされるてしまったり、樹木が倒れてしまうなどの危険もありますので、空き家をお持ちの方は、苦慮されている方も多いのではないでしょうか?

管理されていない空き家は傷みが早いので、放置しておくと先にお伝えしたように
思いもよらない危険性があります。

また、雨漏りを放置しておくと室内に雨が入り込み、長い時間をかけて建物が腐ってしまった場合、解体費用が高くなってしまう可能性が高くなります。

なぜかというと、いざ解体工事をするときに、廃材を種類別に分けながら解体する工法の「分別解体」が出来ずに全て一緒に解体する「ミンチ解体」しか出来なくなってしまうからです。

「一気に壊せるから早くて安くなるのでは?」と思われがちですが、実はそうではなく解体費用は高額になります。

一気に壊した廃材をより分ける手間が大幅にかかり、分別しきれない廃材も増え、「混合廃棄物」という扱いとなり、
その処分費用(処分場の受け入れ単価)が非常に高くなってしまうからなんです。

また、年々産業廃棄物の処分料金は高騰している傾向にあるので、
先に延ばせば延ばすほど解体費用は高くなってしまう可能性があります。

備えあれば憂いなし。

早めの空き家対策が、精神的にも金銭的にもおススメです。

【解体サポート】 フリーダイヤル:0120-987-455

☆★解体サポートは読売新聞・朝日新聞・NHK総合テレビ・フジテレビ系列など、 各メディアに紹介されています。★☆

□■□基準を満たした安心の解体業者を無料でご紹介□■□
2004年のサポート開始からご相談件数 累計30,000件以上
  フリーダイヤル 0120-987-455

-解体のご相談内容, 解体工事に関する内容, 空き家問題, ご注意・お願い, 未分類
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

長崎からのお電話

先日、長崎市にお住まいの方から、東京にあるご実家を解体するというご相談を頂きました。 ====================== 「○○年前に結婚をして依頼ずっと長崎県に住んでいるのですが、 東京の …

no image

千葉県の空き家解体に関する取り組み

日本全国の空き家に関する最新情報をお伝えしていくシリーズ。今回は、千葉県の情報をお届けしたいと思います。 ●千葉県の空き家数は? 最新の調査データ(平成25年・総務省)によると、日本全国の空き家総数は …

no image

大雪の重みで・・・。

先日の大雪の影響で、解体サポートへは ==================== 「カーポートが倒れてしまった。」 「車庫の屋根が落ちてしまい、車が出せないんです・・。」 「雪の重みで納屋がつぶれてしま …

no image

東京都葛飾区の空き家解体に関する取り組み

日本全国の空き家に関する最新情報をお伝えしていくシリーズブログ。 今回は東京23区の中から葛飾区の情報をお届けしたいと思います。 ●葛飾区の空き家数は? 最新の調査データ(2013年・総務省)によると …

no image

建物滅失登記について

最近は建物を解体した後にしなければならない「滅失登記」 を ご自身でされる方が増えているようで、ご相談を頻繁にいただきます。 滅失登記を「土地家屋調査士」に依頼(委任)すると費用は4~5万円程度かかる …

2019年2月
« 1月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728