建物解体ブログ 解体のご相談内容 解体工事に関する内容 解体業者 火災現場

火事現場の解体について

投稿日:

「火災に遭ってしまったがこの後、何をすればいいのか分からない」
「火事現場の見積もりを取りたくて近くの解体業者に問い合わせしたが断られてしまった」
「自宅が燃えてしまったが火災保険に入っていなかったので出来るだけ解体費用を抑えたい」

例年、空気が乾燥するこの時期は上記のような火災に関するご相談が多くなります。

ここでは万が一、火災に遭われてしまった場合のやるべきことについて書いてみます。

やることは大きく分けると以下の3つです。
■罹災証明書の取得
■各種手続き
■解体業者の選定

①罹災証明書の取得
管轄の消防署で「罹災証明書」の申請を行ってください。
罹災証明は、火災現場において市区町村の清掃局へ火災ゴミ物の持ち込みをする場合や
固定資産税の減免、火災保険の申請などに必要です。

②各種手続き
火災保険、公共サービス(電気・ガス・水道など)

③解体業者の選定
解体現場の解体は得手不得手がはっきり出ますので
見積もりを依頼しても断られてしまうケースも結構あります。
また法外な金額を提示される場合もありますので必ず何社か見積もりを取って比較検討しましょう。

最後に
火災現場を放置しておくと臭いや煤などで近隣の方に多大な迷惑を掛けることになりますので
できるだけ早めに処理することが肝心です。
もしお困りの方がいましたらぜひ解体サポートにご相談ください。

【解体サポート】

 

□■□基準を満たした安心の解体業者を無料でご紹介□■□
2004年のサポート開始からご相談件数 累計50,000件以上

-建物解体ブログ, 解体のご相談内容, 解体工事に関する内容, 解体業者, 火災現場

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

解体業者の『コンプライアンス』?

先日、中野区の火災現場確認へお邪魔した時のこと。 解体業者の職人さんにお話しをうかがっていると、 「実は昨日清掃事務所で廃材をおろすのに1時間位待たされたんです…。」 との事! 詳しく聞くと、その前に …

no image

増加する空き家率、過去最高の13.6%

総務省が、5年に1度実施している住宅・土地統計調査というものを皆様ご存知でしょうか。 去る2018年はその調査実施の年度でした。 その2018年10月時点での調査結果が先月26日に発表されました。 & …

美容室やクリニックなど、内装解体のご相談が急増

6月に入って、美容室や理容室、クリニックや歯科医院などの経営者さんから 内装解体工事についてのご相談をお受けすることが増えてきました。 東京都内などの首都圏や大阪府、愛知県などを中心に、全国各地の方々 …

葛飾区での火災現場の解体工事

先日、東京都葛飾区金町の解体現場へおじゃましてきました。 お問合せ当初は以下の内容でご相談がありました。 ====================== 「先日、お隣からのもらい火で火災に遭ってしまいま …

土地購入の前に

以前(去年の夏ごろ)にご相談いただいた方から、再度、お問合せいただきました。 古家付の土地の購入を検討していらっしゃるとのことでした。 ある程度の概算はお伝えできましたが、解体費用より心配なのはその土 …

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031