建物解体ブログ

空き家に火災保険

投稿日:2017年8月25日 更新日:

誰も住んでいない空き家を持っていると様々なリスクを伴いますが、
一番怖いものは「火災」ではないでしょうか?

しかも恐ろしいことに火災の原因で一番多いものは「放火」だそうです。

 

そんな中、
「空き家に火災保険をかければいいのでは?」
とお考えの方もいらっしゃるかと思いますが、

「誰も住んでいない建物に保険をかけるのはもったいない(でも心配…。)」
「空き家には火災保険をかけられないのでは?」

と、二の足を踏むケースも多いのではないでしょうか?

結論から言うと空き家でも火災保険には加入できるようです。
ただ、保険会社によって違いはあるようですが、その条件は厳しいようです。

まず、火災保険の保険料は建物の所在地や建物構造、用途によって異なります。
建物の用途は以下の四通りに分けられます。

・住宅物件
・一般物件
・工場物件
・倉庫物件

住宅としての体が整っていない空き家ならば、
物件の用途は「住宅物件」ではなく「一般物件」とされ保険料が高くなります。

ここでのポイントは、空き家を「住宅物件」としてみなされるかどうかですが、
別荘や一時的に空き家になっている場合などが「住宅物件」とされるようです。

保険契約の引き受け基準は保険会社によって随分異なりますので
しっかりと調べていただいた方がいいでしょう。

【解体サポート】

□■□基準を満たした安心の解体業者を無料でご紹介□■□
2004年のサポート開始からご相談件数 累計40,000件以上

解体サポート 見積もり依頼
解体サポートへのお問合せ
解体サポートメディア紹介

-建物解体ブログ

執筆者:

関連記事

no image

安全、人命が第一!

昨日、山手線が長時間運行がとまりました。 原因は高田馬場駅近く線路下の道路拡張 工事とのこと。 もちろん、工事関係者の方には気をつけてほしい ですが、私は異変に気づきすぐに電車を停めた JRの勇気は評 …

no image

見積り立会い

法人様からのお問合わせで業者をご紹介させていただき、 見積りの立会いに行ってきました。 現在、全てのお問合せについて立会うことは難しく、定期的に、 業者ごとに現場確認をさせていただいていますが、やはり …

no image

小石直撃

私用で東北自動車道を使い宇都宮へ行きました。 帰り、車を運転してると左車線にユンボ(重機)を乗せた トラック。 すると、ユンボに付いていた泥のかたまりと、小石がいくつも フロントガラスを直撃!! あま …

no image

一方的な言葉の押し付け

ご利用者様からのアンケートなどには「業者さんの対応が良くて」 「きちんと話を聞いてくれて」などという言葉をよく見かけます。 特に、ただ更地にすればいい現場とは違い、樹木の移設だったり、 ブロック塀の補 …

no image

練馬区のアスベスト対策

練馬区がアスベスト規制条例を定めること決定した との記事がありました。 市区町村レベルでは全国初です。 現行の規制対象は床面積500平米以上など比較的 規模の大きい建物と限られているため、公共の施設 …

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031