解体現場確認

道幅が狭い現場

投稿日:2008年5月21日 更新日:

本日、これから着工する現場を確認する機会がありました。 この現場は非常に道幅が狭く、トラックはもちろん、軽自動車でも進入することが できません。 現場D このような現場は、もちろん重機も搬入できませんので、解体工事 は手壊し、廃材の搬出は手運びとなってしまいます。 実は、ご相談いただいた際、いくつか解体業者さんのほうに打診した こともあったようなのですが、現場を見るなり「工事はできない」と 断られてしまったこともあるようです。 確かに業者さんからしてみれば、厳しい条件での工事なので、できれば 避けたい現場かもしれません。 ですが、提携している業者さんは、もちろんできない工事などという 対応ではなく、当たり前のことですが、一現場として通常と同じ対応を していただきました。 結果、ご相談いただいた方からも信頼してもらえたのではないかと思います。 今回の件では、やはり金額はもちろん対応も、業者さんを選ぶ際は重要に なってくると改めて実感いたしました。

【解体サポート】

□■□基準を満たした安心の解体業者を無料でご紹介□■□ 2004年のサポート開始からご相談件数 累計40,000件以上

解体サポート 見積もり依頼
解体サポートへのお問合せ
解体サポートメディア紹介

関連記事

-解体現場確認

執筆者:

関連記事

no image

現場確認~地中障害編~

先日、解体業者さんから 「地中から浄化槽やコンクリートガラが出てきてしまいました」 とご報告を頂いていたので、現地確認へ行ってきました。 通常、解体工事のお見積もりは『地中障害は別途』と記載されている …

東京都内での解体工事

先日、都内某所にて行われている解体現場へお邪魔してきました。 当日は建物の解体はほぼ終わっていて、廃材の積み込みがメイン。熟練した解体職人さんが、解体重機を手足のように操っていく姿は爽快です。 また、 …

no image

気は優しくて力持ち

先日、台東区浅草の内装解体現場の確認へ行ってきました。 当日は工事の初日で、廃材の搬出経路(通路の一部とエレベーター内)は しっかりと養生がされていました。 また、内装解体の現場はというと、内装解体専 …

少しの気遣いが大きな違いに

先日、東京都国立市の解体現場へお邪魔してきました。 当日は最後の仕上げ作業中でした。 解体現場周辺を綺麗に掃除します。 靴の裏についた泥(土)を綺麗に洗い流してから現場を後にします。 この作業、実は大 …

no image

技術力と連携の良さ

先日、松戸市のRC造(鉄筋コンクリート造)建物の解体現場へ行ってきました。 当日は解体重機が入って二日目。にもかかわらず、思ったよりも早い進捗! コンクリートガラの搬出(処分場への運搬)が追いつかなく …

2020年6月
« 5月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930