解体関連ニュース 空き家問題

行政代執行にて空き家の解体(台東区)

投稿日:

昨日、台東区橋場にて所有者不明の倒壊の恐れがある空き家が
空き家対策特別措置法に基づき略式代執行にて解体されました。

建物全体の解体では東京都内で初めてですが、ここ数年で建物が傾き始めるなど倒壊が進み、
隣接する建物への被害防止などのため解体に踏み切ったようです。

台東区内の空き家は約450棟あり、現時点で倒壊の恐れがある空き家は今回の一棟のみのようですが、これから増えていくと予測されています。

台東区は平成25年度から空き家の実態調査を実施していて、東京都内でも早くから空き家対策に乗り出した自治体です。
代表的な観光地である浅草や上野、谷中などがある台東区だからこそなのかもしれませんね。


参考画像(当記事との関連はありません)

☆★解体サポートは読売新聞・朝日新聞・NHK総合テレビ・フジテレビ系列など、 各メディアに紹介されています。★☆

□■□基準を満たした安心の解体業者を無料でご紹介□■□
2004年のサポート開始からご相談件数 累計30,000件以上

【解体サポート】   フリーダイヤル 0120-987-455

【ブログランキング】に参加しています(ポチっとお願いします)
  ↓
にほんブログ村 住まいブログ 住宅解体へ
にほんブログ村“>

-解体関連ニュース, 空き家問題

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今年で15年目となりました!

明けましておめでとうございます。 今年も一人でも多くの方のお役に立てるよう、 スタッフ一同、精一杯頑張ります! 毎年たくさんの方々からお問合せを頂き、 おかげさまで解体サポートは今年で15年目を迎える …

no image

廃材に金の延べ棒!!

本日のニュースから見つけました。 『廃材から金の延べ棒が発見』 詳しくは解体現場からではなく、廃材リサイクルの工場で 分別をする段階で見つかったようです。 金の延べ棒が出てくることは非常に稀ですが、解 …

no image

5年後に向けて

少し前の話しになりますが、2020年の東京オリンピック・ パラリンピックに向けて建替え工事中の国立競技場の解体工事 (スタンド部分)が終わったというニュースがありました。 これまでサッカーや陸上など数 …

no image

空き家対策について

先日、国土交通省が低所得者向けの住宅に空き家を活用していく方針を 固めたというニュースがありました。   公営住宅の募集戸数が10年間で5割近く減少し十分に供給できていないための 措置で来年 …

no image

解体工事の際の事前説明がルールに!?

工事現場の近隣の方からの苦情が後を絶たないのが問題になっています。 周辺への影響に対する対策の不足や、近隣挨拶とその説明などの 配慮の欠如が苦情の主な内容とのこと。 そういった問題に対応すべく東京都の …

2018年2月
« 1月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728