アスベスト 環境問題

束の間の奇跡 アスベスト

投稿日:2014年10月10日 更新日:

こんにちは。

今日はこんなニュースから。

———-
アスベスト、建築物になお残存 災害時の飛散対策に課題
(産経新聞 10月10日より)
———-

報道などでよく耳にするアスベストという単語。
決して遠い世界のモノではなく、実は私たちの身の回りの
目につかないところに大量に眠っているモノだったりします。

今朝の朝刊の一面にも、大阪・泉南アスベスト訴訟で
国の責任を認める最高裁判決が出たと報じられたばかりですが、
アスベストは別名「石綿(せきめん/いしわた)」と言って、
その正体は繊維状に変形した「鉱物」です。

登場したころは、断熱性、防火性、防音性などに優れており

「奇跡の鉱物」

と呼ばれていたのだとか。
鉄骨造の建物に多用され、周囲の気温を変化させやすい
むき出しの鉄骨に吹き付けて保温材として大量に使用されました。

現在40代以上の方は、小学校の理科の実験で使った
「石綿付き金網(いしわたつきかなあみ)」
を覚えている人も多いのではないでしょうか。
10cm四方くらいの金網の真ん中に、丸く石綿が吹き付けてあり、
下からアルコールランプで炙っても平気だったアレです。

そんなアスベストですが、研究が進むと人体への有害性が明らかになりました。
別名「静かなる時限爆弾」の通り、大量に吸い込んで数年~10年以上経ってから
肺癌など重篤な肺病を発症する可能性が高い、というものです。

結果的に1970年代中盤から徐々に規制が強化され、今では飛散性のものが
新規に使われることは無いのですが、冒頭の通り、規制以前に使用されたまま
壁材や天井の裏に大量の吹付アスベストが眠っていると推測されています。

これを書いている私は20数年前、設備工として新築・改修を問わず
建築現場にいましたが、ある日、モーテルの1階ガレージで作業していた際、
天井の吹付アスベストが突然崩れて降ってきて、わずかではありますが
舞い飛んだアスベストを吸い込んでしまった事があります。

科学の力は本当にすごいと思う一方で、よい所ばかりの「奇跡」
なんて都合のよいものは存在しないのかもしれないなぁ、
と思う秋の夕暮れ時なのでした。

【解体サポート】

 

□■□基準を満たした安心の解体業者を無料でご紹介□■□
2004年のサポート開始からご相談件数 累計50,000件以上

-アスベスト, 環境問題

執筆者:

関連記事

no image

能登半島地震,ゴミ問題に思う

能登半島地震で新たな問題が浮上しているそうです。復旧、ボランティア、人手不足もそうですが、「ゴミ」の処理が大変なようです。被害にあった方のご自宅には倒れて使えなくなった家具、割れた食器類、などなど片づ …

no image

第三者の目

エコポイントがスタート致しました。私の理解としては「省エネ機器など環境に配慮した商品を購入するとポイントが貯まり、他の商品の購入や環境活動への寄付に使えるようにするもの」です。正しく理解できているので …

no image

感染性廃棄物

本日、広島市内で110tもの感染性廃棄物が放置されている、というニュースを目にしました。 内容は大阪市内の産廃処理業者が医療機関から回収した感染性廃棄物を広島市内の産廃処理業者に処理を委託。 その業者 …

大阪の解体現場を訪問してきました

今回訪問したのは提携業者さんが解体工事をしている鉄骨造3階建ての建物です。事前分析の結果、鉄骨にアスベストの吹き付けがされていました。 写真はすでにアスベストを除去した後のものですが、鉄骨造は耐火性が …

no image

家電リサイクル法

家電リサイクル法が変わるかもしれません。 現在の、処分するときに料金を支払う後払いに変わって、自動車やパソコンのように購入するときに支払う、前払い制になるようです。 理由は、不法投棄の増加。 同法は、 …

2023年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031