解体現場確認 ご注意・お願い

東京都内での解体工事

投稿日:

先日、都内某所にて行われている解体現場へお邪魔してきました。

当日は建物の解体はほぼ終わっていて、廃材の積み込みがメイン。
熟練した解体職人さんが、解体重機を手足のように操っていく姿は爽快です。

また、「手元」と呼ばれる補助役の職人さんとの連携も良く、どんどん解体工事は進んでいきます。重機で拾いきれないような細かい廃材はこの手元の職人さんが人の手で拾っていきます。

その廃材をダンプに積み込むときにはホコリが立ちやすく、音も出るのでこちらにも気配りが必要です。
(「ド~ン」と積むのではなく、「そっと」積む技術や工夫がポイント。)

このように、解体工事とはその解体業者さん、職人さん達の気遣いや気配りが
解体工事自体の「質」を大きく左右するものです。

解体工事とは「物を壊して何もない状態にする工事」なので、
金額が安いに越したことはないでしょうが、工事途中の「品質」がとても大切です。

しかし、現実問題としてこのような解体工事の技術や職人さんの気遣いなどは見積もり書の内容だけでは分からない事ですので、見積もり書の金額だけ比較することが大切なのではなく、実際に業者さんにお会いした時に感じる安心感や解体業者さんとの相性のようなものも、解体業者選びのポイントかと思います。

☆★解体サポートは読売新聞・朝日新聞・NHK総合テレビ・フジテレビ系列など、 各メディアに紹介されています。★☆

□■□基準を満たした安心の解体業者を無料でご紹介□■□
2004年のサポート開始からご相談件数 累計30,000件以上

【解体サポート】   フリーダイヤル 0120-987-455

【ブログランキング】に参加しています(ポチっとお願いします)
  ↓
にほんブログ村 住まいブログ 住宅解体へ
にほんブログ村“>

-解体現場確認, ご注意・お願い

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今年初の解体現場確認へ!

今日は江戸川区の木造三階建て住宅の解体現場へお邪魔してきました。   ポイントは ●【木造三階建て】●【接道狭い】●【築年数が比較的浅い(22年)】 です。   三階建ての木造とな …

no image

ぬかるみの中のお言葉

本日終了する世田谷区の現場。 業者さんと施主様の最終確認に同席させていただきました。 現場に着くと、雨の中、ぬかるんでいる中、 業者さんが一生懸命手作業で整地作業をしていただいて いました。 その後、 …

no image

解体現場

今日は、埼玉県春日部市の解体現場の確認に行ってきました。 すでに分別をしながらの内装解体も終わり、解体重機を使って重機解体の工程でした。 重機を使う解体工程はどうしても多少の音やホコリが出てしまうので …

no image

インフルエンザに注意!

今年は暖冬で東京では雪も降らないまま 春を迎えようとしているそうです。 しかも九州地方ではすでに春一番が吹くとのこと。 寒さが苦手なヒトたちは歓迎していることでしょう。 しかし、その暖かさとは関係なく …

荒川区の解体現場へ

先日、荒川区の解体現場へお邪魔してきました。 当日は解体工事二日目。 あいにくの雨模様(小雨)でしたが、現場は元気に稼働中。 事の仮囲い(足場・養生)を施工している様子です。 現場の連携が大切です。 …

2018年9月
« 8月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930