解体サポートについて 空き家問題

徳島県の空き家解体に関する取り組み

投稿日:2019年2月27日 更新日:

日本全国の空き家に関する最新情報をお伝えしていくシリーズ。今回は、徳島県の情報をお届けしたいと思います。

●徳島県の空き家数は?
最新の調査データ(平成25年・総務省)によると、日本全国の空き家総数は約820万戸となっています。
このうち、今回取り上げる徳島県には 約6万戸の空き家が存在しています。(空き家率17.5%)

●行政代執行・略式代執行(強制解体)の実施件数は?
平成29年度までに徳島県で実行された行政・略式代執行の例はない模様です。
※全国的には…
 平成27年に空き家特措法(空き家対策特別措置法)が施行されてから平成30年3月に至るまで、実施された行政代執行の総数は98件(うち略式代執行75件)あり、代執行まで至らなかったものでは助言・指導10,676件、勧告552件、命令70件が実施されています。

●徳島県の空き家対策の状況(平成29年度実績)
・「空家等対策計画」策定済み市町村数:11
・「特定空家」に対する助言・指導件数:2件
・「空き家の譲渡所得3,000万円控除(※)」に係る確認書の交付件数:22件
 ※「空き家の譲渡所得3,000万円控除」:
 相続日から起算して3年を経過する日の属する年の12月31日までに、被相続人が居住していた家屋を相続した相続人が、当該家屋(耐震性のない場合は耐震リフォームをしたものに限り、その敷地を含む)または取り壊し後の土地を譲渡した場合には、当該家屋または土地の譲渡所得から3,000万円を特別控除する、というものです。

●徳島県でこれまでに行われた空き家にまつわる取り組み一覧
■無料空き家専門相談会開催(徳島県)
■空き家バンク運用(海陽町)

●徳島県の除却(解体)費用の助成金情報
■関連リンク:解体サポート「解体費用助成金について(徳島県)
※最新の補助内容については、各自治体のホームページをご参照ください。

●まとめ
徳島県では、空き家率約17%とやや高めの水準ですが、実際の空き家対策についてはあまり積極的に進んでいないようです。
今後の取り組みに期待していきたいですね。
徳島県にお住まいの皆様の中で、「空き家に興味がある(購入したい)」、「空き家を持て余している(活用したい)」、「空き家を取り壊したい(解体・更地にして売りたい)」などの計画がある方、これらに関するトラブルについてお悩みがあるという方は、ぜひお気軽に解体サポートへご相談ください。提携している専門家(税理士、弁護士)をご紹介可能なほか、不動産部門もございますので、空き家の活用方法についてもアドバイスできることがあると思います。
日本各地で増え続ける空き家。その問題解決の一助となれるよう、解体サポートでは引き続き全国の空き家情報をお届けしていきます。

■参照
国土交通省HP「空家等対策の推進に関する特別措置法関連情報」
徳島県HP「空き家に関するお悩みを専門家に相談しませんか」
海陽町HP「空き家バンク登録物件一覧」

【解体サポート】

 

□■□基準を満たした安心の解体業者を無料でご紹介□■□
2004年のサポート開始からご相談件数 累計50,000件以上

-解体サポートについて, 空き家問題
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

お礼のメール

解体サポートの業務に携わっていて、一番といっていいほど嬉しいことは、対応させていただいた利用者の方からお礼のご連絡をいただいたときです。 アンケートなども実施しておりますが、工事が終了してすぐにメール …

どうなる「空き家問題」(第3回)

3回目の今回は各自治体が打ち出しているな空き家対策についてみていきたいと思います。 まず東京都文京区では危険な状態にある空き家を所有者の同意を得た上で、区が工事費用を負担して解体し、解体後の跡地を10 …

no image

はじめての経験

解体サポートのサイト内でよくご相談者様に見られているページにはQ&Aや工事の流れといった、解体工事とはどういうものかを伝えた内容のものが多い傾向にあります。また、マニフェストや滅失登記などの用語説明も …

no image

石川県の空き家解体に関する取り組み

日本全国の空き家に関する最新情報をお伝えしていくシリーズ。今回は、石川県の情報をお届けしたいと思います。 ●石川県の空き家数は?最新の調査データ(平成25年・総務省)によると、日本全国の空き家総数は約 …

飲食店やオフィスの内装解体についてお勧めの情報

新型コロナウイルスの影響を受けてか、内装解体のお問合せは全国的に増えてきているようです。 「長年やっていた店舗の売り上げが極端に減り、人生の方向転換をしなければという思いでお店を閉めることにしました。 …

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930