解体工事に関する内容

世界に誇れる解体の技術

投稿日:2015年2月12日 更新日:

先日、2月9日(月)NHK総合テレビにて放送された
『プロフェッショナル 仕事の流儀』。

旧:赤坂プリンスホテルの解体工事プロジェクトで話題となった大成建設さんの技術開発者、「ビル解体のプロ」と呼ばれる市原さんが取り上げられていました。

この解体工法は、ビルの屋上を蓋として活用することで、粉じんの飛散を9割ほど削減し、騒音もほとんど出ないという画期的なもので、この環境に配慮した技術は、ものづくり日本大賞など国内の技術賞を総なめにし、海外メディアも「驚異的な技術」として次々と取り上げました。
(外見はビルが上からどんどん縮んでいく様に見えます。)

番組ではサラリーマンでありながら、日本のすぐれた技術者である市原さんがさまざまな困難を乗り越えながら、新しいプロジェクトを成功させていく熱い思いが伝わってるく内容でした。

私たちが日々サポートをさせて頂いている案件は一般住宅の解体が多く、ビルやマンションの解体工事は全体の割合では比較的少ないのですが、規模は違えど、根本的な解体工事にかける熱い思いや、近隣への配慮、一般の方に直接お役に立てているという実感は負けてません。

しかし、世界中から注目をされている「ビル解体のプロ」が同じ日本人だという事は誇らしい事ですよね。

【解体サポート】

 

□■□基準を満たした安心の解体業者を無料でご紹介□■□
2004年のサポート開始からご相談件数 累計50,000件以上

-解体工事に関する内容

執筆者:

関連記事

良くない整地と綺麗な整地(解体工事編)

先日、杉並区での解体現場確認を終えてから帰社する際に、別の現場で解体された後の状態(整地)の土地があったのですが、その状態の酷さに驚きました。 【良くない整地の例】 こぶしよりも一回り以上大きなコンク …

分離発注を義務付ける国

アメリカでは法律で分離発注を義務付けている州があります。 建設工事の先進国でこのような法律があるのは、分離発注をすることにより施主の利益になる事が分かっているからでしょう。 分離発注(ここでは建築と解 …

no image

解体工事の安全管理について

先月、東京都多摩市の工事現場で、作業員がガスバーナーを使用して鉄骨を切断中に火花がウレタンに引火し、その場に居た5人が死亡し、42人が怪我をするという痛ましい事故が発生しました。 建設中のビルで起こっ …

その土地ほんとに買っていい?

土地を購入して家を建てるとき、自身の生活スタイルや希望の間どりなどを考慮して土地選びをしている方はまだ多くない様です。 その土地はどれだけの、どのような建物を建てられるのか? 例えば、土地が南に面して …

no image

テナント店舗

先日、内装解体についてのお問合せが増えてきた、という記事がありましたが、特に大きなビルなどの場合は、空調や配管など管理会社さんとの打ち合わせが必要です。 以前あった話です。最終的に業者さんを決めていた …

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031