解体現場確認

テクニックの違いは仕上げで分かる

投稿日:2017年3月23日 更新日:

本日は千葉県市川市の解体現場へ最終確認も踏まえてお邪魔してきました。

解体工事の最終日ですので、上屋、基礎などは全て解体・撤去済で、
当日は最後の仕上げと確認作業の日。

まずは手元の職人さん達のキビキビした動きが◎!
ともすれば、職長さん(重機オペレーター兼務が多い)の指示待ちの時間が
できてしまうこともままありますが、率先して動きながらも無言の連携が取れていました。

熊手を使って小石を集めて丁寧に手で拾い上げます。

あとは何と言っても重機オペレーターの方のテクニックが秀逸でした!

自由自在に、まさに自分の手足のように重機を操ります。

このテクニックの良し悪しが実は解体費用に直結するものにもなります。

上手いオペレーターの方だと解体現場の効率があがるので、工期が短縮されます。

よって、解体費用も安くなるのです!

またご近隣、通行人の方に対する配慮を徹底するという視野の広さも!
重機のスケルトンバケット(重機の先端につけるアタッチメント)で敷地全体をならしながら転圧していきますが、転圧の反動で重機が持ち上がらないように細心の注意を払ってソロリと重機を下ろします。
なぜかというと、持ち上がった重機が地面に落下するとその振動はまるで地響きのようになってしまうからです。


この仕上げ作業を確認するだけでもその解体業者さんの「体質」のようなものが見えてきます。
工期厳守はもちろんのこと、いかにして丁寧に効率よく仕事を終え、お客様に満足いただけるかどうかを考えている解体業者さんは一味も二味も違います。

また丁寧さだけではなく、建替え予定のハウスメーカーさんから出たお見積もりよりも解体費用が50万円以上安くなりましたニコニコ

※参考
解体サポートHP 解体後の整地について

http://www.kaitai-support.com/warning04.html

【解体サポート】

 

□■□基準を満たした安心の解体業者を無料でご紹介□■□
2004年のサポート開始からご相談件数 累計50,000件以上

-解体現場確認

執筆者:

関連記事

東京都目黒区 静かな解体現場

先日、目黒区の解体現場の確認に行ってきました。現場は学芸大学の駅からほど近い閑静な住宅街。 ご相談者様からお問い合わせを頂いた当初は 「狭小地区につき近隣住民への配慮も重要視したく思います。現在、建替 …

no image

解体現場の確認

昨日、埼玉県鴻巣市の解体現場の確認に行ってまいりました。現場は木造2階建ての物件で、解体後は建替えをお考えとの事で、施主の方からご相談を頂きました。 建替えのハウスメーカーに、解体工事の分離発注の確認 …

内装解体 夜中の解体現場

昨夜、都内某駅の構内の店舗解体がありました。着工は終電前の11時ごろからでしたので、少しお邪魔してきました。     駅構内ですので、終電が終わり通路が閉まった後から本格的なスタートして、始発前には終 …

埼玉県で火災現場の確認

今日、埼玉県で火災に遭ってしまった解体現場の確認に行ってきました。 お問合せ当初は、 「年末に実家が火災に遭ってしまいました。初めはどうしていいか分からなかったのですが、知人に解体サポートさんの存在を …

大阪府の解体現場より~立つ鳥跡を濁さず~

先日、大阪府で解体工事を進めていた解体業者さんから解体現場の報告を頂きました。 基礎撤去の様子 工程通り順調に解体工事を進めて頂き、綺麗に整地されて無事に終了しました。 周辺道路の清掃もバッチリ。 工 …

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031