建物解体ブログ 解体業者

調布市での解体工事~猛暑でも元気!~

投稿日:

全国的に猛暑が続いていますが、解体現場は当然稼働しています。

先日、調布市での解体現場が無事に終了したと、解体業者さんからご連絡を頂きました。

『いつも通り』何事もなくきれいに終わったのですが、解体サポートの窓口をして頂いている社長さんにお話しを伺うと、

「暑くなりはじめは熱中症になりやすいんです。暑さに慣れてしまうとだんだん平気になっていくのですが…。現場の職人達には適度な休憩と水分、塩分補給、睡眠もしっかりとらせます。」

朝礼で睡眠時間やアルコールチェックもするようです。

解体現場での事故は命にかかわる事も少なくありません。

年間の労働災害での死傷者数は約12万人。そのなかでも建設業に携わる人の割合は全体の約25%の約3万人にものぼります。
転倒、墜落、転落がトップを占めているなか、解体業者には安全管理の重要性が常に求められています。

「たぶん大丈夫だろう。」

「慣れているから…。」

と高を括ることが一番怖いのですが、さすが解サポの提携業者さんは油断などとは無縁のようです!

☆★解体サポートは読売新聞・朝日新聞・NHK総合テレビ・フジテレビ系列など、 各メディアに紹介されています。★☆

□■□基準を満たした安心の解体業者を無料でご紹介□■□
2004年のサポート開始からご相談件数 累計30,000件以上
【解体サポート】   フリーダイヤル 0120-987-455

-建物解体ブログ, 解体業者
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

豪雪地帯では…。

この冬は暖冬の影響でスキー場などでは記録的な雪不足となっています。 一方、「雪国の解体業者さん」にとっても実は深刻な問題が…。 例年雪の影響で解体工事が出来ない季節には、除雪作業を主な業務とされている …

no image

人に刻まれた歴史

解体に関するご相談は、要約すれば ・どんな建物を・いつまでに・いくらくらいで解体できるのか? という結果にいきつくのですが、 全国各地、実に様々なご相談を受けていると、半世紀にわたって住んできた土地へ …

中古家電 PSEマーク

解体するときに問題になるのが家電品の処分費。少しでも解体費を安くということで行政の粗大ゴミやリサイクルショップにという方も少なくありません。 しかしこれも4月から少し状況が変わるようです。「PSEマー …

no image

社会貢献

月曜日22時12チャンネル(テレビ東京)のカンブリア宮殿という番組を観ました。 社会企業家についての内容がありました。 社会企業家とは・・いままでビジネスとしては成り立ちにくいと考えられていた社会貢献 …

no image

「自主的に」がポイント

先日、八王子市で解体工事を終えた業者さんから、とあるご報告を頂きました。 解体工事は全て無事に終わったのですが、現場からの搬出経路(私道)を小型ダンプで行き来した際に浅い轍ができてしまったようで、こち …

2018年8月
« 7月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031