解体業者 空き家問題 ご注意・お願い

増加する空き家率、過去最高の13.6%

投稿日:2019年5月10日 更新日:

総務省が、5年に1度実施している住宅・土地統計調査というものを皆様ご存知でしょうか。

去る2018年はその調査実施の年度でした。

その2018年10月時点での調査結果が先月26日に発表されました。

🔶年々増加する解体サポートへのお問い合わせ🔶

その調査結果では、国内の住宅総数に占める空き家の割合は過去最高の13.6%。

戸数も過去最多の846万戸に上りました。東京や大阪などの都市部でも空き家率は1割を超えています。

人口が密集する都市部でも10軒に1軒以上が空き家になっているという事態が起きているという事になります。

都市部以外を見てみると、山梨県や和歌山県では20%を超える空き家率で、順に全国1位と2位となっています。

ただ、この調査結果はあくまでも空き家の比率の数値であって実際の空き家戸数は都市部の方が圧倒的に多いのが実態です。その証拠に、全国各地で対応可能な解体サポートへのお問い合わせは、都市部のご相談件数が多くなっております。

今後さらにお問い合わせは増えてくることが予想されますので、都市部で解体をご検討の皆さまはお早めにご相談下さいませ。

また、解体の需要が増えてくるといかがわしい業者が増えてくることも予想されます。他よりもだいぶ安い金額で工事できるなどといった謳い文句で近づいてくる業者には注意が必要です。年々廃材の処分費は高騰している状況ですので、あまりに安い工事金額ですと不法投棄をしている可能性も少なくはありません。

解体の経験がない方々には、そのような悪質な業者と優良な業者様の見分けるのは難しいかと思います。

国や地方自治体は、増え続ける空き家に対して対策をより強化していく流れがあり、それに伴って空き家所有者への世間からの風当たりも強くなってきているようです。

周囲からのプレッシャーなどで早く解体しなければと、金額とスケジュールだけで判断し、品質の悪い業者にお願いして後々までトラブルになると逆に高くつく事もありますので、業者様選びは慎重に行って頂きたいというのが私たちの思いです。

解体サポートでは高い基準を設けて提携させて頂いている業者様をご紹介させて頂いておりますのでご安心下さい。

解体に関する事でお困りの際には、まずは解体サポートまでご連絡ください。


【解体サポート】

□■□基準を満たした安心の解体業者を無料でご紹介□■□
2004年のサポート開始からご相談件数 累計40,000件以上

解体サポート 見積もり依頼
解体サポートへのお問合せ
解体サポートメディア紹介



-解体業者, 空き家問題, ご注意・お願い

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『立つ鳥跡を濁さず』

先日、東京都足立区の解体業者さんとお会いしました。 提携をさせて頂いてから5年以上経つ業者さんですが、 今までトラブルなどは一度もない業者さんです。 さまざまなお話しをうかがいましたが、そのなかで印象 …

no image

猛暑の中

真夏の解体工事の現場は過酷です。 私自身も数年前のこの時期に、勉強の為に現場に入らせていただいた経験があります。 慣れてない事もあり、開始数時間でヘロヘロ。(ナント、手壊しの現場だったんです。) しか …

no image

どうなる「空き家問題」(第3回)

3回目の今回は各自治体が打ち出しているな空き家対策についてみて いきたいと思います。 まず東京都文京区では危険な状態にある空き家を所有者の同意を得た上で、 区が工事費用を負担して解体し、解体後の跡地を …

no image

火の用心!!

今週も火災現場の解体相談が全国から多数寄せられています。 主な失火原因の順位は下記のようです。 ①放火 ②コンロ ③タバコ ④火遊び ⑤ストーブ 一位の「放火」は防ぎようがないように思えますが、 家の …

no image

火の用心

冬は火事が多い季節といわれているだけあって 確かに夜、サイレンの音を聞く日も少なくありません。 この時期の火事はストーブやガスコンロが 主な原因のようですが、ヘアスプレーなどの ガスを使用している缶は …

2020年8月
« 7月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31