新型コロナウイルス 解体のご相談内容 火災現場

火災現場の解体工事について

投稿日:2021年1月20日 更新日:

最近、火災のニュースがとても増えているように感じます。
空気が乾燥する冬場の時期は、解体サポートにも火災後の片付け(解体)のお問合せが増えてきます。

火災に遭ってしまい、家族が亡くなりました。風で周囲に灰が飛んだりしていて、これ以上ご近所にご迷惑をかけるわけにはいかないので早く解体をして綺麗にしないと…。良心的な解体業者さんを紹介してもらえませんか?

などとご相談を頂くと、いたたまれない気持ちになりますし、なんとかお力になりたいと強く感じます。

解体サポートでは、解体工事に関する基礎知識など様々なコンテンツを多数掲載しておりますが、火災現場の解体工事については以下をご参照下さい。

★解体サポート【火災に遭ったときの解体工事予備知識】

新型コロナウイルスの影響で定期的に換気をしていると、例年以上に石油ストーブなどの暖房機器をたくさん使わなければならなく、その不始末などが原因で出火してしまったなんてこともあるようです。

ちなみに、先日発表された消防庁の統計によると、全国の2020年半年間(1月~6月)の建物火災の総出火件数は19,052件だそうです。
一日あたり約105件の火災が発生したことになります。また、火災による総死者数は732人、負傷者数は2,944人、火災の出火原因の1位はたき火、2位はたばこ、3位はコンロとのことです。

まさか自分の家が火事になるなんて…。」と皆さんおっしゃいます。

火のもとには十分にお気をつけ下さい。

【解体サポート】

 

□■□基準を満たした安心の解体業者を無料でご紹介□■□
2004年のサポート開始からご相談件数 累計50,000件以上

-新型コロナウイルス, 解体のご相談内容, 火災現場

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

消費税増税前に解体を・・・

2014年4月に8%、2015年10月には10%に段階的に上がる事が決まっている消費税率。 仮に工事金額が100万円だとすると現状の税率では消費税は5万円。2015年に10%に増税すると消費税は10万 …

飲食店やオフィスの内装解体についてお勧めの情報

新型コロナウイルスの影響を受けてか、内装解体のお問合せは全国的に増えてきているようです。 「長年やっていた店舗の売り上げが極端に減り、人生の方向転換をしなければという思いでお店を閉めることにしました。 …

「廃材はそのまま山にしておいてください」

家屋の解体について時々いただく相談で、 「文字通り、解体だけしてもらえたら、廃材はそのまま敷地の中に山積みにしておく見積もりがほしい。その方が工事費用も下がりますよね?」 「廃材は自分の敷地内で腐らせ …

no image

サポート冥利(リピート編)

本日、非常に嬉しいお問い合わせを頂きました。 そのご相談者様はちょうど一年ほど前にこちらにお問い合わせを頂き、その当時は宮城県のご実家の解体をお考えとの事で、内容をおうかがいし最適な業者さんを紹介後、 …

解体サポートは今年で18年目!

新年明けましておめでとうございます。 解体サポートは今年で18年目を迎えることが出来ました。 2004年に解体サポートがサービスを開始した当初は解体業者のリサイクルに対する意識は薄く、一部の解体業者に …

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031