建物解体ブログ

滅失登記は自分でもできる?                  ~よくあるお問い合わせ②~

投稿日:2015年8月1日 更新日:

ご相談者様からよくご質問をお受けるする中のひとつに 「解体工事後に行う滅失登記は自分でもできるものなので しょうか?」 といったものがあります。 滅失登記は法務局(解体建物の所在地を管轄している)に出向き、 建物がなくなったことを申請する手続きになります。 流れとしては工事終了後に解体業者さんから取壊し証明書など、 滅失登記に必要な書類を発行してもらえますので、登記申請書と 一緒に提出していただきます。 提出期限は原則として建物解体後1か月以内となっています。 手続きの方法などについては解体業者さんにアドバイスをもらう のが良いでしょう。 また登記されていない建物を解体したときは家屋滅失届を提出しますが こちらの提出先は建物のある市区町村の税務課になりますので ご注意ください。 滅失登記は簡易的な登記ですのでご自身でされる方が多いようです (土地家屋調査士に依頼すると4~5万円程度の費用がかかります)。 是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか? 滅失登記に詳細についてはこちらもご参照ください ↓ ↓ 建物滅失登記

【解体サポート】

□■□基準を満たした安心の解体業者を無料でご紹介□■□ 2004年のサポート開始からご相談件数 累計40,000件以上

解体サポート 見積もり依頼
解体サポートへのお問合せ
解体サポートメディア紹介

-建物解体ブログ

執筆者:

関連記事

no image

職業病にご用心

サポートスタッフの平井です。 本日のテーマは習性のほうの意味の 「 職 業 病 」です。 皆さんには職業病がありますか? よく、 「飲食店で働いていると、私生活でもお金をつい両手で渡してしまう」 と言 …

no image

打合せにて

先日、デザイナーの方とお会いしたときのことです。 「イメージ」についてお話をしていたのですが 「例えば色だけだとしても、昔は存在していたけど 最近は固定概念で色を決めるという風潮はなくなってきている」 …

no image

金属価格の高騰

全国で、銅や鉄、ステンレスなどの金属製品が盗まれる 事件が多発しているようです。 尼崎では銅が、広島では鉄筋が、そして栃木や茨城では 火の見やぐらの半鐘が盗まれています。 その半鐘などは、お金にかえる …

建物滅失登記の必要書類~建物滅失登記とは~

法務局に登記してある建物を解体した後は一か月以内に「建物滅失登記」をする必要がありますが、実はあまり知られていないようです。(不動産登記法57条) 法務局へ申請書とともに複数の必要書類を提出すると法務 …

no image

工事現場用デジカメ!?

工事現場用デジカメの存在を先日、初めて知りました。 リコーから販売している「Caplio500」シリーズがそれだそうです。 特徴としては ・軍手を脱がなくても撮影ができる ・無線LAN やBlueto …

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930