新型コロナウイルス 解体のご相談内容 解体関連ニュース 解体業者

コロナ禍の今、解体するのは正解?不正解?

投稿日:2020年6月1日 更新日:

解体をご検討される方なら解体費用をできるだけ抑えたい!と考える人は少なくありません。

 世の中ではコロナウイルスの影響で自粛している業態も出てきていますが、解体業界も少なからず影響が出始めています。しかし、これは解体を必要としているお施主さんにとっては逆にチャンスかも知れないのです。なぜ今解体工事をするのがチャンスかもしれないか説明するには、解体工事費用が高くなってしまう時期をお伝えしなければいけません。

 解体工事の業界にも繁忙期というものは存在します。解体工事の依頼が集中しスケジュールがずっと詰まっていて、現場をいくつも抱えている状態がこの繁忙期に当たります。こういった繁忙期に解体工事を依頼しても、業者はなかなか値引きなどをしてくれません。値引きをしなくても、工事の発注が多ければスケジュールは埋まっていくからです。

特に、建て替えや解体後に土地売却などをするような場合、新築の着工やスケジュールや土地の引き渡しのなど、ある程度期限などが決められている際にはどうしても期限内に工事を終了させなければいけません。特に値引きをしなくても解体工事の受注がほかにもあれば、それに応じる必要もないわけですから交渉は難しいです。金額に拘って他にも当たっている間に、意中の業者のスケジュールが埋まってしまえば期間内に工事が終えられない、という事態になってしまいます。

 先にお伝えした解体工事の繁忙期があるように、反対に閑散期もやはり存在します。繁忙期以外の時期でそれなりに受注がある時期も除けば、1か月先の予定が入っていないというような時期も出てきてしまいます。

 工事が無くても職人さんやスタッフの人件費は必要になりますので、何としても受注が欲しいのです。そんな時期に工事の依頼があれば是が非でも受注をしようと思うわけなので、交渉次第では多少の値引きにも応じてくれるケースが多くなるのです。解体工事費を少しでも抑えるために、閑散期を狙うのが賢明なのです。

 世の中がコロナ禍の今、解体業界も徐々にスケジュールが空いてくるようになってきています。理由の一つとしては、建築会社やハウスメーカーの大手が工事を自粛していることが挙げられます。その影響で工事が様子見になっていたり、先送りが決まったりし始めています。またその影響で上記が元請けになっていた解体工事も同じく先送りになるようになってしまうのです。今後も少しその状況が続く可能性があるのです。すると解体業者は予定していたスケジュールが空いてしまい、先に述べたように解体業者が工事を受注したい状態になってくることが予想されます。実際に一部からはそういったお声も聞こえてきています。

 現状解体業界は通常通り営業しています。ですが受注が減ってくる、今が解体される方にとってはチャンスなのです。

 ただ、いくらこれから閑散期に入っていくかもしれないとは言ってもそれを知った施主さんがどんどん駆け込みで工事発注をしてくることも考えられるのでそうなれば結局、短期間で依頼が集中してしまうと局地的に繁忙期のようになってしまうので、そうなる前に解体をしてしまうのがオススメです。かといって、急ぐあまりによく検討せずに業者を決めて発注して安かろう悪かろうのトラブルに遭わないようにしてください。今が稼ぎ時と、普段解体工事をしていない業者も参入してきているかもしれません。とても安い金額で引き受けて、廃材を訂正に処分せず不法投棄しているかもしれません。

 安全に安心して安価な業者をしっかり選択することが、解体工事の決め手です。もし業者選びにお困りでしたら解体サポートまでお気軽にご連絡ください。

 繁忙期以外の時期でそれなりに受注がある時期も除けば、1か月先の予定が入っていないというような時期も出てきてしまいます。

 工事が無くても職人さんやスタッフの人件費は必要になりますので、何としても受注が欲しいのです。そんな時期に工事の依頼があれば是が非でも受注をしようと思うわけなので、交渉次第では多少の値引きにも応じてくれるケールが多くなるのです。値引き金額については業者によりますが、必ず相見積もりをする必要はあるでしょう。その金額をもって適正かどうかの判断ができ、さらに交渉の材料にできるからです。もちろん繁忙期も閑散期でも丁寧な対応は比較材料になるので、ぜひ検討してください。

【解体サポート】

□■□基準を満たした安心の解体業者を無料でご紹介□■□
2004年のサポート開始からご相談件数 累計40,000件以上

解体サポート 見積もり依頼
解体サポートへのお問合せ
解体サポートメディア紹介

-新型コロナウイルス, 解体のご相談内容, 解体関連ニュース, 解体業者

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

遠方からのご相談

本日いただいたご相談より。 ご相談者様は新潟県にお住まいで、横浜市にあるご実家の物置の 解体についてのご相談でした。 最適な解体業者様の選定にあたり、詳しくお話しをおうかがいすると 亡くなったお父様が …

no image

ことばのちから

「東京はすっかり夏日」なんて書いてから わずか1週間で梅雨入りしてしまいました。 今日は私たちが日々お受けする相談のお話。 私たちがいただくお電話の中には、 「解体業者さんを紹介してください」 という …

no image

対面カウンターでのご相談が急増

最近、解体サポートのサポートセンターにお越し頂いて 「対面での解体相談」をご希望される方がとても増えてきています。 お越しいただいた方々からは 「インターネットだけだと少し不安だったので・・」 「解体 …

no image

月1回の・・・

月に1回、今までのお客さんやお世話になっている方々へ お便り?ならぬ『○○だより』というものを発行している 提携業者さんがあります。 この『○○だより』は、毎月解体サポートにも送っていただいています。 …

失火責任法とは…? ~火の用心!~

12月に入り、全国から「火災に遭ってしまったのですが、火災現場の解体見積もりをおねがいします」というお問合せが顕著に増えてきています。 空気の乾燥するこの時期は特に注意が必要です。 火災に遭ってしまっ …

2020年8月
« 7月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31