環境問題

アスベスト問題について

投稿日:2005年7月21日 更新日:

今、連日ニュースなどでアスベストについての問題が取り上げられています。

アスベストは、耐火・断熱・吸音などに優れており、主に建築材に使われてきました。日本はほぼ輸入しており、1960年代から急激に輸入量が増加し、70年代がピークとされています。

被害としてよく聞かれるものが、「悪性中皮腫」と呼ばれる、一種のがんです。これは潜伏期間が30~40年という極めて予測が難しい悪性腫瘍ということで、非常に対処しづらいものです。今になってクローズアップされはじめたのは当時、作業をしていた方々が今になって発症してきているケースが増えてきているのでしょう。

2008年には全面禁止が決定したようですが、「公害」という認識が強まってきている今、できることはすぐにでも実行に移していかなければいけないのではないか、と考えます。

これからアスベストに関するお問合せなども増えてくると考えられますが、解体サポートとしましても、そのようなお問合せにできる限り対応できるよう、動向をチェックしていきたいと思います。

 

【解体サポート】

 

□■□基準を満たした安心の解体業者を無料でご紹介□■□
2004年のサポート開始からご相談件数 累計50,000件以上

%MCEPASTEBIN%

-環境問題

執筆者:

関連記事

no image

地球は生き物

先日ネット上で拝見し、共感させていただいたお話です。 「地球は自分たちと同じ生き物だと思う。生き物には血液が流れ、循環してきれいにしたり酸素を送ったり、何か問題があれば自浄するはたらきがあるでしょ。地 …

茨城県の解体現場へ

茨城県の解体現場を訪問してきました。 まだ築年数の浅い住宅でしたが、道路の拡張に伴う解体工事の現場でした。 食器棚などの什器もまだ新しく、もったいないなと思いながら内装解体の様子を拝見してきました。 …

no image

環境配慮

日経MJ新聞の記事で2つ気になった内容がありました。 ひとつはスーパー業界がレジ袋の有料化への動き。4月施工の改正容器包装リサイクル法(容リ法)が小売業に義務付ける削減を考えると各小売業も避けられない …

no image

能登半島地震,ゴミ問題に思う

能登半島地震で新たな問題が浮上しているそうです。復旧、ボランティア、人手不足もそうですが、「ゴミ」の処理が大変なようです。被害にあった方のご自宅には倒れて使えなくなった家具、割れた食器類、などなど片づ …

環境に優しく、お客様にも優しい企業

住宅施工会社さん、株式会社キクシマ さん(神奈川県・横浜市)からイベント、『建築家と考える環境にやさしい住まい』をテーマに「第12回 建築家展・エココロミ体感展」のご招待をいただき、横浜、赤レンガに行 …

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930